Story

少女は列車に揺られて夢の中。


少女の隣には、兄弟弟子の少年がひとり。


膝の上には、大きく膨らんだ鞄がひとつ。


鞄の中に詰まっているのは、

大事な大事な魔法薬の材料と、

師匠から預かった一つの小包。

 

その小さな包みを、

万年樹スウェーヌスが育む

 植物系世界イミットレストの歌姫に届ける こと――

それが少女の目的であり、師匠に課せられた試験だった。

 

「お前、今回のお使いが定期試験だってわかってんのか? 

合格しないと、師匠の弟子でいられなくなるんだぞ?」

 

少年の心配をよそに、

少女はすやすやと眠り続ける。

 

自然豊かな未知の世界で、

少女たちを待ち受けているものは――。